メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
トップ  >  研究の手引

Ⅰ 研究主題


  一人一人を生かすための積極的、継続的な生徒指導の実践的研究


 


Ⅱ 研究のねらい


 1 全教職員の共通理解に立った生徒指導体制を確立する。


 2 基本的な生活習慣を身に付けさせる指導の充実を図る。


 3 望ましい人間関係を確立する。


 4 個別指導と教育相談の充実を図る。


 5 学校と家庭・地域社会・関係機関等との連携及び協働を推進する。


 


Ⅲ 留意事項


 1 全教職員の共通理解に立った生徒指導体制を確立する。


  (1) 教育目標と生徒指導の方針の整合性の確認


  (2) 迅速かつ的確な報告・連絡・相談の徹底


  (3) 組織的な支援体制の確立


 2 基本的な生活習慣を身に付けさせる指導の充実を図る。


  (1) 愛情と信頼を基盤とした具体的、系統的な指導


  (2) 一人一人の課題に応じた組織的・計画的・具体的な指導


  (3) 児童生徒の自発的、自治的活動の支援


 3 望ましい人間関係を確立する。


  (1) 互いに認め合い、支え合う集団づくり


  (2) 挨拶の励行


  (3) 自己有用感を高めるための場の設定や声掛けの励行


  (4) 自然体験やボランティア活動、異年齢集団での体験活動等の充実


  (5) コミュニケーション能力の育成


  (6) 児童生徒及び保護者との信頼関係の確立


 4 個別指導と教育相談の充実を図る。


  (1) 児童生徒一人一人の自己実現を援助するきめ細やかな個別指導・教育相談


  (2) 観察、調査、検査等の実施による客観的・分析的な指導・援助


  (3) 個人のもつ不安や悩みに対する受容的、共感的な態度


  (4) 児童生徒一人一人の自己指導能力を高める温かい指導・援助 


  (5) スクールカウンセラー等の教育相談員と連携した相談活動の充実


 5 学校と家庭・地域社会・関係機関等との連携及び協働を推進する。


  (1) 地域社会における保・幼・小・中・高の連携の強化


  (2) 家庭・地域社会・関係機関等に開かれた学校づくり


  (3) 家庭・地域社会・関係機関等との連携による問題行動の未然防止と早期発見、早期解決


  (4) 青少年の健全育成に関わる諸活動への積極的な参加の促進 


 


Ⅳ 今日的課題の解決について


 1 学校いじめ防止基本方針に基づく取組


  (1) いじめの未然防止


  (2) 早期発見、早期対応


  (3) いじめに対する適切な対応


  (4) 校内研修の充実


  (5) 学校いじめ防止基本方針の見直し



 2 不登校の予防や指導・援助は、どうあればよいか。


  (1) 不登校についての共通理解に立った組織的な対応


  (2) 定期的なケース会議等の実施による指導・援助の充実


  (3) 学校と家庭・適応指導教室・関係機関等との連携


 3 学校内外における児童生徒の生命の安全を守るためにはどのようにすればよいか。


  (1) 児童虐待への認識の強化と通告義務の周知徹底


  (2) 福祉総合支援センター(児童相談所)と市町の児童福祉担当部署等と連携した組織的な対応


  (3) 危機管理マニュアルの確認と危機管理意識の高揚


  (4) 不審者情報共有化のためのネットワークの構築


  (5) 通学路の安全点検、「通学路安全マップ」の作成等による安全教育の充実


 4 情報社会へ対応した生徒指導は、どのように進めればよいか。


  (1) インターネット接続端末の適切な利用の仕方や情報モラルの指導


  (2) インターネット接続端末利用のルールづくり、保護者への具体的な啓発活動・研修会の推進


  (3) 児童生徒がSNS等を通じたネットトラブルに遭遇した際の、指導・相談体制の確立


 


【平成29年度に開催予定の研究大会】


 ・ 生徒指導夏季研修会(旧5管内別に実施) … 夏季休業中


 

カテゴリートップ
TOP
次
生徒指導提要

copyright(c) 2004 OCEAN-NET